京都、東山で緑豊かな閑静なお寺 来迎院

来迎院(泉涌寺塔頭)

このお寺の説明
ホーム > このお寺の説明

三宝荒神様を安置する荒神堂(石段の上)

三宝荒神様を安置する荒神堂(石段の上)

このお寺は、弘法大師(空海)が大同元年(806年)、唐の国にいらっしゃったとき感得された、三宝荒神様をこの地にお祀りしたのが始まりとされています。その数百年後の鎌倉時代、泉涌寺の長老、月翁(「がつおう」または「がっとう」)律師が、藤原信房の帰依を受けて諸堂を建立したので、この方が来迎院の開山となっています。

荒神堂近景

荒神堂近景

応仁の乱(1468)の時、戦火のため伽藍が消失してしまいましたが、前田利家らの尽力により再興されて立派な堂宇が建ち並び、江戸時代を迎えることとなりました。江戸時代の元禄十四年、泉涌寺長老・卓巖和尚が来迎院の住職を務めていたとき、赤穂の殿様、浅野内匠頭が江戸城中で刃傷に及ぶという「忠臣蔵」で有名な事件が起きました。ちなみにこの卓巖和尚は内蔵助の親族でした。

本堂(本尊阿弥陀如来、他に勝軍地蔵、幻夢観音像等が安置されています)

本堂(本尊阿弥陀如来、他に勝軍地蔵、幻夢観音像等が安置されています)

赤穂藩の家老であった大石内蔵助は家臣らと共に浪人の身となったのですが、このとき頼りにした人が卓巖和尚だったのです。大石内蔵助は来迎院の檀家となって身分証明をし、ここに「含翠軒」という茶室と庭を設けたのです。そして、今も本堂に安置されている勝軍地蔵を念持仏として祈願し、見事に討ち入りを成就することとなったのです。

荒神堂前から見下ろした境内

荒神堂前から見下ろした境内

明治維新後は、廃仏毀釈(明治政府の神道中心の政策のため、それまで神道と共存状態にあった仏教を排除しようという行為)により、荒廃していましたが、大正時代に修復され、現在に至っています。

弘法大師独鈷水

弘法大師独鈷水

弘法大師が、独鈷という仏具で掘り当てられたという井戸です。縦穴の井戸ではなく、横井戸(洞窟のような形状)になっているので、柄の長い柄杓で汲み上げます。
霊元天皇に仕えた女官、小少将の局の娘は生まれつき目が不自由であったのですが、この独鈷水で目を洗えばよいという霊告を聞いてそのようにしたところ、たちまち見えるようになった、と伝えられています。
今では、様々な病の治癒を祈願して、このお水をいただきに来る方が絶えません。御大師様(弘法大師)の銅像はこのすぐそばにあります。

mail: myoouzanraigoin@gmail.com

↑